黎明には夢と笑顔と感動があります

 本校は,大正9年に創立して以来,今年度で97周年を迎える,長い歴史と伝統を誇る学校です。平成17年に,県内初の併設型中高一貫教育校「宮城県古川黎明中学校・高等学校」として再スタートをし,13年目を迎えました。
 黎明生は,「尚志・至誠・精励」の校訓のもと,「コツコツが勝つコツ」を合い言葉に,何事にもひたむきに前向きに頑張って取り組んでいます。生徒会・委員会活動や学校行事,部活動もとても活発で,黎明生が一所懸命に取り組む姿はいつも輝いています。
 本校は中高一貫教育校として,中1から高3までの全生徒が同じ校舎で生活しています。学校生活の基本は授業です。本校では,恵まれた施設設備と少人数・習熟度別の授業,先生方の創意工夫あふれる授業などにより,基礎学力の定着と,高い学力の養成に取り組んでいます。
 学校行事では,黎明田畑,黎明異文化交流,大学キャンパス訪問,合唱祭そして,3年生での海外語学研修などがあり,生徒たちは生き生きと活動しています。体育祭と黎明祭は,中高合同で実施し,中学生と高校生が縦割りチームで一緒になり大変な盛り上がりを見せてくれます。
 本校は,平成24年度から28年度の5年間,文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されていました。今年度(平成29年度)は1年間の経過措置となりましたが,今年もSSH事業は継続して実施して行きながら,これまでの研究・実践を改善しさらに発展させ,来年度(平成30年度)以降の2期目の指定に向けて準備を進めています。
 本校では,平成25年に完成した新校舎に加え,今年の秋には新グラウンドが完成する予定で,施設・設備はますます充実したものになります。みなさんも,この恵まれた教育環境のもとで「チーム黎明」の一員として,さまざまな活動にチャレンジし,将来の夢の実現に向けて,一緒に頑張っていきませんか。黎明中学校はみなさんの入学を心から期待しています。

校長 阿部 修一